突然の危篤・ご逝去

すぐにお電話ください! 所定の場所へ寝台車でお迎えにあがります。

ご逝去なされた際、一番最初にご安置される場所をお伺い致します。
当「セレモニーホールみのお」では24時間霊安室・寝台車完備致しております。諸事情によりご自宅に帰れない場合もご安心してお電話下さい。

臨終直後の対応

<病院でご逝去なさられた時>

 

 ●医師より臨終が告げられたら、合掌をします。
 ●ご遺体の処置が完了するまで、病室の外で待機します。
 ●故人の着替えを用意しているときは、事前に申し出ておきましょう。
 ●ゆかたの準備をしておくのもよいでしょう。


<自宅でご逝去なさられた時>

 

 ●掛かりつけの医師に連絡し、死亡を確認していただきます。
 ●医師に死亡診断書を作成していただきます。
 (医師が死亡を確認し、死亡診断書を書くまでご遺体に手をふれたり、遺体を動かしてはいけません。)
 ●市役所等への手続きは、当社が代行いたします。


<事故死・突然死にての対応>

 

 ●警察に連絡し、警察医に死亡を確認してもらいます。
 (警告事実が到着するまで、ご遺体を動かしてはいけません。)
 ●警察医に死体検案書を作成していただきます。
 ●市役所等への手続きは、当社が代行いたします。

 

病院指定の葬儀社について

ご逝去されてからまず、病院からご自宅(霊安室)へ…といった動きになります。
その際に寝台車を病院から手配をされている場合は、必ず織送のみかどうかの確認をしましょう。
(もしくは「知っている葬儀社に頼みます」と言いましょう。)
中にはそのまま葬儀社・葬儀内容等が搬送の時点より発生する場合もございます。
望んでいたご葬儀が出来ない・葬儀代金が高くなってしまうといった場合もありますので、強引さを感じたらすぐにお断りした方がいいでしょう。

 

もしも「搬送は病院指定業者でないと出来ないJ と言われた場合、“鍛送のみ”の意思をハッキリと伝え、ご自宅にご安置されてから葬儀社に依頼しましょう。

※ご自宅にご安置出来ない場合、そのまま指定業者先にご安置し、ご葬儀まで依頼することになってしまうかも
しれません。当社ではご安置のみも承っておりますので一度御相談下さい。

上へ戻る